FC2ブログ
一期一会
毎日の出会いを大切に一期一会!
慟哭
慟哭


最近、貫井徳郎さんの『慟哭』を再読しました。
貫井さんのデビュー作であり、当時、私が最初に読んだ貫井さんの作品も、この『慟哭』でした。
衝撃の結末には、当時、私も随分驚かされたことを記憶しています。

今回再読のせいなのか、文庫本の初版が1999年に発行されているため、今では似たような手法が登場し、当時ほどの新鮮さがなくなってしまったせいなのか、初めて読んだ時ほどの驚きは味わえなかったことが少し残念です。

物語は、警察庁キャリア官僚の佐伯警視と新興宗教にのめり込む松本という男性の2人を中心に展開していき、周囲を巻き込みながら、衝撃のラストシーンへと導いていきます。
物語を通じて、家族そして人間の本質についても迫った作品のように思います。

ラストについては、まだ読んでいない方のためにもお話できないのが残念ですが、是非、驚きを味わっていただきたいお薦めの1冊です。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

ポム・ド・テールさんは、よく本を読まれているようですね。
私は、昔はそれなりに読んでいたんですが、
最近は野菜の本ばかり・・・・
ポム・ド・テールさんが書かれたあらすじを読むと
興味がもて読んでみたくなります。
貫井徳郎さんの『慟哭』という本ですね。
チェックしておきます(^^)
【2007/07/07 00:31】 URL | トマオ #B2CsETZw [ 編集]


トマオさん
本を読むのは昔から好きだったので、ちょっとした合間の
時間に読み進めています。
トマオさんは、野菜の本をよく読まれるんですか?
私は1冊の家庭菜園の本を何度も読み直しているので、
かなりボロボロです・・・。
「慟哭」はお薦めなので、機会があれば読まれてみてください。

【2007/07/07 19:09】 URL | ポム・ド・テール #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://2007tna.blog102.fc2.com/tb.php/51-e3c022b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ポム・ド・テール

Author:ポム・ド・テール
毎日をおもしろおかしく生きてます。
リンクフリーです。
気軽に訪問ください!



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



ブログランキング

アイコンをクリックいただけると幸いです。

FC2ブログランキング

人気blogランキング



お気に入り



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



アクセス解析

無料 アクセス解析RMT



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード